コサカ精工株式会社 >TOPページ >会社情報 >会社の沿革

昭和 3 年 9 月  創業者の小坂繁成が愛知県警察部より「鉄工業」工場建設許可を得て起業
21 年 7 月  終戦混乱の中で小坂鉄工所(個人)を登記
27 年  タレット施盤(日立精機製3A型)第一号機導入
31 年 10 月  合資会社小坂鉄工所(法人)として創業開始
37 年  (株)豊田自動織機製作所からフォークリフト用ピン受注開始
39 年  小牧市に工場用地取得 当初1,200u〜7,834u(2,374坪)となる
41 年  名古屋市北区金城より小牧工場に移転
42 年  カヤバ工業(株)からシリンダー用ピストンの受注開始
45 年  小坂鉄工株式会社設立 小坂繁成引勇退後、2代目として小坂登士也が就任
49 年  NC施盤(大隈鉄工製LH30型)第一号機導入
52 年  東海ゴム工業(株)から高圧ゴムホース用口金部品の受注開始
53 年  日本パワーステアリング(株)からコンロッドの受注開始
57 年  摩擦溶接機(豊田織機製FW30型)第一号機導入
61 年  工場建設第一期〜第六機工事当初280u〜2,726u(826坪)となる
平成 2 年  新社屋(事務・食堂・工場棟)1,243u(337坪)建設、合計3,969u(1,203坪)となる
4 年  シリンダーボトム加工用ロボット使用による第1号無人ライン完成
5 年 7 月  小牧工場開設30周年を迎え、精密部品へ注力のため社名をコサカ精工株式会社に変更
6 年  三菱重工業(株)からフォークリフト用シャフト受注開始
7 年  北工場開設
10 年  油圧配管用フィッティング市販開始
12 年  自動車用ピニオンシャフト受注開始
12 年  本社工場 東部分 789u(239坪)拡張
14 年  ISO9001:2000 認証取得
15 年  設備寄せ止めレイアウト変更により、工場生産面積350u余剰地化
15 年  東海地震対策改修工事(基礎補強・天井部柱補強・床面舗装)床面積792u(240坪)
15 年  ISO14001:1996 認証取得
15 年 4 月  代表取締役に小坂八郎が就任 ビジョンとして、「家業を事業に転換」を掲げ、本格的経営刷新に着手 
17 年 2 月  創業者の起業77周年を記念し、「歴史コーナーと技能研修道場」を開設式典を行う
17 年 8 月  長期年商40億円を目指し、東工場地鎮祭を行う
17 年 10 月  自主保全活動(TPM)キックオフ
18 年 2 月  東工場竣工
18 年  全社改善活動(KPS活動)スタート(全社全ラインの見直しによる工程保証度向上・生産性向上活動)
19 年 10 月  潟gヨタ自動織機殿 社内自主研実施
19 年 10 月  名古屋工業大学 第1回工場長養成塾 入塾・活動
20 年 10 月  名古屋工業大学 第2回工場長養成塾 入塾・活動
21 年 4 月  代表取締役に小坂清和が就任
TOPへ